お問い合せはこちら 06-6426-0383
a

勝算と誤算2


さてさて、またしても中途半端なところで切ってしまった前回のエントリですが、結局のところ何が言いたかったかというと、私が、この業界に足を踏み込むに至った魅力とは、“この業界がビジネスとしては非常に未成熟な業界で、まだまだ開発の余地がある”ということで、手を付けられていないマーケットが広がっている“未開の鉱脈”に見えたからです。

で、こんなことを言うと、まず間違いなく「金の亡者か…」みたいにいう方が出てくるんですが、そういう「ビジネス」のことをよく分かっていない人のことは、とりあえず横に置いておいて、とにかく、飼い主さんへの付加価値の付け方として、様々なビジネスモデルが考え得る業界として非常に魅力を感じ、そこに勝算を見出したのです。

しかし、表題にもあるように『勝算と誤算』ですので、「誤算」もあった訳です。

ただ、この「誤算」というものは、大小様々で後になってからいくらでも出てくるもので、言い出したらキリがないですし、書いたところで愚痴にしかならないので割愛いたします。

では、話を前回のエントリの続きに戻しましょう。

私たちドッグトレーナーの仕事は、中身は違えど形態的には弁護士や会計士などの“士業”と呼ばれる職業と同じであるのにも関わらず業界を挙げて顧客単価が低い…時間単価を平均して比較するとおおよそ半額(弁護士:10,000円/時間、ドッグトレーナー:5,000円/時間)くらいと言われています。

しかも、私たちドッグトレーナーの業界には弁護士の業界のように成功報酬的な大口の報酬制度はありませんから、例の

(新規獲得)(レッスン開始)(問題解決)(終了)

のサイクル(断じてビジネスモデルとは呼べない)の中で常に新規顧客を獲得し続けなければならない訳です。

「そんなの当り前じゃない…」とおっしゃる方が多いのですが、でも実際、そんなことできますか?というか、そんな状態をキープし続けることができますか?

私も、独立間もない駆け出しの頃、今思えばホントにただがむしゃらに毎晩チラシを撒いて新規獲得のために奔走し、一年足らずで収入も安定し始め、ヤレヤレなんて思っていた矢先…世間で言う“夏休み”の時期と重なったこともあって、これまでのお客さんのお散歩代行とレッスン継続中の飼い主さん、そしてご新規の飼い主さん、すべてが相まってレッスンだけで一ヶ月に137コマ、毎日朝4:00から夜は23:00過ぎまで、お散歩の代行と出張レッスンに走り回り、稼ぎ出した売上げがようやく80万円ほど…忘れもしません、後から経理処理をしながら愕然としました。

「あれだけ働いても、この金額か…」というのが正直なところです。

「それだけ稼げりゃ良いじゃない…」、そうおっしゃる方もおられますが、でもこれ、売上げですからね…諸々の経費を差っ引いたら手元に残るのは約半分ちょっとです。

で、ほぼ自分の持てる力を出し切った状態ですからね…同じことをやっていたのでは、これ以上の売上げは見込めないという宣告を受けたのも同然です。しかも、この状態をキープし続けるってことは、100mダッシュの状態でマラソンを走り切ろうとするようなもの…残念ながら、それは無理です。

贅沢をしたい訳ではありません。それは、この金額を見ていただければ分かると思います。ひとりで暮していくだけならまだしも、家族がいる身としては、“これでは食っていけない…。”ということを身に沁みて実感した瞬間でした。

ということで、この業界、現状は生産性がとてつもなく低いんです。

なので、“あの”サイクルをビジネスモデルと呼んでいる間は、食っていけるような仕事にはならないんです。

あ、語弊の無いように言っときますが、もちろん、それで食ってる方もおられます。ただ、それは、そういう方が“ゼロではない”というだけのことで、ほとんどの方はそうならないという現実のお話だということでご理解くださいね。

では、どうすれば食っていける仕事になるのか?→大事なのはココ

次回に続きます。

zp8497586rq
カテゴリー: ペットビジネス倶楽部, 業界の“お仕事”について   パーマリンク

お知らせ

Copyright(c)2013 DLC PRO.All Rights Cumshots Reserved.