お問い合せはこちら 06-6426-0383
a

ドッグトレーナーの『理論』- 検証可能性 -


前回のこのシリーズからは、かなり時間が経ってしまいました…。それもこれも、8月に行った飼主様向けのセミナーへの反響が予想以上に大きくなり、中々ブログにまで手が回らなかったのが原因なのですが、これは極めて“嬉しい悲鳴”ですっ!!

ご参加くださった皆さんっ!!    本当にありがとうございましたっ!!

ということで、久々に続きです。

“ドッグトレーナーの『理論』は、果たして『理論』と呼べるのか!?”

このことについて、考えてみましょうということで、“ドッグトレーナーの『理論』”の代表格として「リーダー論:イヌと飼主との主従関係(上下関係)が逆転しているから飼主に従わないのだとする理論展開」を例に挙げておりました。

そして、【『理論』において重要な5項目】に照らして進めて参ります。

今回は、1番目の「検証可能性(反証可能性)」についてです。

それは、以下のようなことでした。

【検証可能性(反証可能性)】
『理論』は、事実に対して検証可能な明確な“予測”を作らなければならず、原則的に“間違っている”と証明できる「反証可能性」を兼備していることが良い『理論』として一般に同意されており、“間違っている”ことを証明することができない『理論』は予測的価値を持たないとされる。

では、この「検証可能性」とは、一体どういうことなのか!?というところから見てみましょう。

まずは、この文章を簡単な表現にしてみます。

【要約】
『理論』には、現実に確かめることができるハッキリとした“予測”ができる性質と、それを否定する立場に立った時に同様の指標を用いて明確に否定できる性質を兼ね備えていることが好ましく、将来的に明確な否定ができない『理論』が導き出す“予測(法則など)”には価値を見出すことはできない。

という風に解釈して良いと思います。

しかし、これでも引っ掛かる部分があるのではないかと思いますが、

それは、

“それを否定する立場に立った時に同様の指標を用いて明確に否定できる性質を兼ね備えていること”

という部分ではないでしょうか?

「なんで、否定されなきゃならないんだ!?」って感じられる方が多いのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

私も、最初の頃はそうでした。「間違いだと否定されるようなスキのあるものを『理論』と呼ぶのか!?」
という風によく感じたものでした。

でも、そうじゃないんですよね。

“もし、否定する(される)ならば、明確に否定できる構造であることが望ましい”ということであって、否定されたり批判を受けたりすることが『理論』として脆弱であるとか、『理論』は否定されることが前提なのだと言っている訳ではないのです。

こういう勘違いについては、「きちんと日本語を読めっ!!」とよく指摘を受けたものですが、ホントにそうだと思います。

ちゃんと書いてあるんですから…。

で、本題に戻りましょう。

「リーダー論」はどうでしょうか?

ポイントは、以下の3点に分けられそうです。

【リーダー論のポイント】
①イヌと飼主の間に主従関係(上下関係)がある。
②その主従関係(上下関係)が逆転している。
③だから、イヌは飼主に従わない。

ここからどのような“検証可能性”が見えてくるのか!?

続きは、次回です。

 

≪引用文献≫

ジェームズ・E・メイザー(2008).メイザーの学習と行動.二瓶社.p6-7

DLC-PRO 山崎 崇

カテゴリー: ドッグトレーナーについて   パーマリンク

お知らせ

Copyright(c)2013 DLC PRO.All celebrity nude Rights Reserved.